王さまの耳はロバの耳

里さんとアイドル

あ~愛しいあの人、お昼ご飯何食べたんだろう?

二作品も同時に里さんのお話が読めるなんて幸せかよ!!!

東京喰種読んだり、Hey!Say!JUMP界隈が活気づいていたり幸せなこといっぱい

 

 

まず嗤わせるから読んだのですが、

会わなければ忘れられたのに…からの会えなくなることもあるのか…が秀逸だったわー!!!

結局神谷さんは自分に嘘がつききれなかったんだなぁ

会えなくなることなんて無いって心のどこかで思っていたんだ

 

 

つか宮川次長記念日だからって研修出ないの社会人として大丈夫なの?(笑)ちょっと後でちゃんと確認しますけど出なくてもそんなに影響無いやつなん?凄い気になってしまった(笑)

 

つか梶さん新潟人だったのかよ!!!!

私嗤わせるが出版されたら新潟駅ジュンク堂に買いに行くので二人を感じることにしますねwww

18で家出て、結婚したと思ったら離婚して、そんなアホ息子だけどお父さんは立派に銀行員やってる息子のこと誇りに思っていると思うよ

こういうお話は親目線で見てしまうなぁ

実家ではなくてホテルに滞在してるのも気になるけど…

 

この先二人がどうなるのかはわからないけど終着点が見つかってよかったと心から思う

梶さんが田舎に帰る選択、それに神谷さんがついていくでも、ついていかないでも、二人の未来は不幸なものでは決してないんじゃないかな

週末だけ会えるっていうのもなかなか楽しいものですしね(笑)

コミックの描き下ろしも楽しみになります!

ちゃんと続けて読むと味わいが違いますものね!

 

 

 

それからDOGS!!

色んな感情がわいてきました

6ページなのに!すごい!

 

私は組織に属する人達に渦巻くもの取り巻くものは全然わからないのだけれど、

「所轄で自由にやっていた」頃の象徴が斉藤さんにとっては矢島さんなのかと思ったし、無印の斉藤さんがイキイキしていたのは矢島さんと一緒に働いていたからと思ったけどきっとそれだけのことではなかったんだなって思ったし、電話で理不尽なこと言われてギャーギャー文句垂れる矢島さんをうるさいの一言で片付ける斉藤さんっていう構図が二人らしすぎて和んだし、「俺に休み合わせろ」とか、「うるさい」っていい放つ斉藤さんのお顔は見せてくれない里さんの相変わらずの焦らしプレイだったりめちゃくちゃ楽しめました!!

最後の斉藤さん、笑ってたらいいな

休み合わせない言うこと聞かないのは面白くないしすぐ口答えするダメワンコな矢島さんだけど、そこがとてつもなく斉藤さんは好きなんだと思うから

うるさいって言いながら顔は笑っていてほしいし、その日の夜はお家に連れ帰って好きなだけ充電してほしいな

ご飯食べさせて、甘やかして、可愛がって、二人で朝を迎えたらいいと思う

きっと貴方の飼い犬、サウナ禁止の言いつけは守ってると思うよ