王さまの耳はロバの耳

里さんとアイドル

父さん母さん尊敬します

真希さんと付き合ってるときにロンドン行きの話がきたら、長谷川さんはロンドンへ行っていたと思う

そこで真希さんがどう選ぶかという展開になってたんじゃないかな

仕事を辞めて一緒にロンドンへ行く

日本で長谷川さんを待つ

別れる

の三択ではないだろうか

 

長谷川さんは真希さんと片桐では同じ選択肢はなかったと思うんだ

片桐が会社を辞めてついてくるなんて現実的ではないし、でも待っていてと言って素直でいい子に待っている人間でもない

でも別れる選択肢も長谷川さんには無い

だからこの昇進のチャンスを断ったんだよなぁ

GAPS無印を読んでみると決して長谷川さんは結婚に前向きな姿勢ではない

そろそろ、年齢も年齢だし、周りもみんなしているし…そんな理由で真希さんとの結婚をぼんやりイメージしかけている

真希さんに対しても真希さんだから結婚したいのではなく、今付き合ってる人だから、という印象を感じざるを得ない

それが、片桐と一緒にいたいから選ぶ。に変わったことが凄いと思う

片桐の寝顔見てたときに愛しいという気持ちが初めて芽生えたのではとすら思う

なんだろう…いとおしむ…?というのか?この人と添い遂げたいなぁ的な感情

あったかい気持ちになるな

 

コミック読んでまた色々考えたいな

初期のGAPSはお仕事描写がリアルな感じだったけど、後半は結婚観や恋愛観をとても考えさせてくれる内容だったのではと思う

里さんの思い描く人生観を乗せているのだろうか