王さまの耳はロバの耳

里さんとアイドル

そんな強く迫らないで

里さんの漫画読んでると、ここはこういう意図があるのでは!?!?っていうのに突然気づくんですけどそれが一番たくさんあるのがDOGSかなって思う

今回はDOGS INTERVAL

 

斉藤さん、矢島さんに一回も好きって言ってないなって思って

無印でも「お前みたいな奴がいいとは…」って言ってたけど

これは、好きともとれるし気に入ってるくらいで留めている可能性もあるわけですよね

まぁ気に入ってる=好きだけど

 

そこで、私は思ったのです

斉藤さんは、というか斉藤さんも矢島さんもお互いに最初は体のみの関係性だと思っていたのではないか

矢島さんは自分で何度も自分はストレートと言っているから、斉藤さん的には心まで自分のものにはできないと思っていた

あくまでも体のみを共有する関係性だと自分を納得させていたのでは?

でも一週間ぶりに署内で会話したときに体だけの関係に矢島さんが不満を抱いてることを知った

心まで自分に近づいてることを知ったからこそ斉藤さんは驚いたんじゃないかな

用事もないのに呼びつけてたのは仕事に託つけてだし、勤務地が離れたことで用事もないのに連絡することを躊躇っていたのかも

 

「付き合って最初にいくところと言えば…」の台詞は斉藤さんなりの「付き合ってください」なのではないでしょうか

言ってはみたものの、矢島さんは戸惑っていたで寿司食いたいって照れ隠しで言ってたらいいのに

 

水族館では有耶無耶になった斉藤さんの告白

矢島さんは斉藤さんとの関係を深く考えることを放棄して(笑)快楽に流され流されここまで来てしまったけど、やっぱり最初のきっかけでもある斉藤さんの儚げな面影を感じて、放っておけなくて、来週の約束をするっていうことで斉藤さんの告白に返事をしたわけですよね

「好きです付き合ってください」→「はい/いいえ」

が、DOGS組にかかれば、

「付き合って最初にいくところと言えば水族館(そして我々はいまそこにいる)」→「(告白から数時間後)今度の休みはコタツ買いにいこうぜ」

になるわけですね!!!

なんてわかりづらい!!!!

お前らお似合いだぜ!!!!!

 

 

 

そして順調にお付き合い始めた二人がinfight前編になるわけなんですが、

普段の二人のセックス甘くね????

絵のタッチの問題かもしれんが斉藤さんてガツガツ攻めるイメージがあるんだけどinfight冒頭は凄くスローなイメージを抱かせる

別れようと決意した矢島さんが誘ったときもそうだけど基本的にinfight前編は甘い

喧嘩してない普段の二人はこんな感じなのかぁ…という雰囲気

斉藤さん結構優しいんだね(失礼)

矢島さんが手懐けられてるくらいだからまぁめちゃくちゃ優しいですよねそりゃあ

激しいだけじゃついていけないですもん

貴重なシーンだなと個人的に思っています(笑)

斉藤さん嫉妬深いしすぐご機嫌損ねちゃうから通常テンションは貴重(笑)

ていうかそれに付き合える矢島さんが凄い(笑)

 

 

 

 

 

いつかコタツでまったりな斉藤矢島見てみたいです

今年の冬にDOGS newyearとかやったらいいのに…!

でもゆく年くる年とかぼけーっとみてる斉藤さん想像がつかない(笑)

矢島さんのまったりグータラコタツ生活なら余裕でイメージできるんだけどなぁ(笑)

庶民派最高

タツでアイス、似合いすぎる

あんたも一口食う?っていうサービスもください

(その後斉藤家の冷蔵庫にアイスが常備されそう)

 

警察官て正月どんな感じの勤務形態なんだろ?

みんなが休みのときって忙しそうだよね

お正月はおやすみ合わせるのも大変なのかな…

正月まったり過ごす二人見てみたいなぁあああああああ

タツであんた初詣とか行く?とか聞いてほしいなぁー!

斉藤さんは混んでるから行かない派かなぁ

きっちりしてるからそういうのはちゃんとしてるかな

毎年自前の着物で参拝してるかな

(片桐は絶対行ってなさそう(笑))

 

お節つついたりするのもかわいいなぁ

うちは正月これ食べる。みたいなのを共有するのもいいよねぇ

そういうの東京出身の二人があるかわからないけど

二人でいるのが自然になって、矢島さんが斉藤さんの家にいるのが当たり前になって、お手伝いさんもあまり呼ばなくなって、二人で幸せに暮らしたらいいのになぁ

夢見すぎか(笑)

めっちゃ脱線しちゃったけど妄想で癒されました(笑)