王さまの耳はロバの耳

里さんとアイドル

レモン色とミルクティー

hankerの最終回見ていつも思うのが

 長谷川さん、首筋にキスマークなんかつける人間とは付き合ってこなかっただろうな~

ということ

どんだけ若いキャピキャピな子と遊んでるんですか!ってなるから必死で隠すよね

あれがつけられたのがいつかは定かではないけど朝鏡見て青ざめただろうなと思うとニヤニヤが止まらない

片桐さん落ち着いてくださいね

しかし片桐も仕事はちゃんとやる男ですよ、そんな片桐くんが上司の首筋にキスマークをつけるとは!レオへの牽制の意味もあったかもしれないがなかなか高まる行為である

 

 

会社で片桐にそっと手を繋いでもらったときの長谷川さんの恥ずかしそうな、嬉しそうな、後ろめたそうな顔超最高だよな

あのほんのりとしたデレ

いつもデレすぎない

そしてツンツンもしていない

絶妙な塩梅

ほんっっっっっと可愛いですね長谷川さん

 

 

週末から、GAPSを振り返ろうってことで既存全巻読みました!

読みながら、おや?レオって…って思いだして

最終的に

本気出したら長谷川さん落とせるって思ってまず取り出したのがお揃いのタンブラー…?

ってとこが凄いじわじわ来て(笑)

 

自分の高スペックさとか全部自信持ってて

何なら片桐よりクズじゃないところは勝ってる!って思ってると思うんだけども

片桐はやっぱり百戦錬磨で駆け引きもうまいんだよなぁ

それと対比になるように全然的外れなアプローチする童貞ってとこでレオは凄くいい働きをしているんだな

 

自分と片桐の違いが何なのかわかってなさそうなところがレオだなぁーと

私が読んでても、レオって自分が初めてムラッときた人である長谷川さんに凄く興味津々な訳だけどそこまでなんだよなって

片桐とヤってようが二人が相思相愛だろうがレオには関係なくて、初めて性欲が湧いた!っていう嬉しさだけというかね

本気で取りに来てる片桐さんとは同じ土俵には立てないというか

でもそこが良くってね

レオが本気すぎても悲しくなっちゃうと思うんだよね

結局誰かを選ばなきゃいけないときにレオは選ばれないわけだけど

でもレオは選ばれることを望んでるわけじゃないから悲しくないんだよね

それこそ一回ヤらせてください!ぐらいの気持ちだとこっちは捉えてるのでw

いやもしかしたら本気の本気で長谷川さんのことが大好きなのかもしれないけど!

でもあんなにあっけらかんとしてるから

こっちとしたらすごい強靭なメンタルだな!っていう

悲しさよりそっちに目がいってしまうw

誰も嫌われない作品作りというか

本気で片桐のクズさを利用して長谷川さん奪い取る手法だって取れるのにそうはしない

めんどくさい拗れかたをしない

凄く上手い作り方だなぁって思います

結局瀬戸くんもライバルになるわけでもなく

片桐さんみたいに男らしくなりたい!で終わっているし

当て馬が嫌いになれない作り込みが凄く好きだなぁって改めて思いました

自分で何言ってんだかよくわからんw全くまとまってないぞ!!

 

 

 

 

 

こんな話題のあとでなんですが…

 

コメントを頂いたのでお返事を書かせていただきました!

このブログ、返信のお知らせとかどうやってやるのかよくわからないのでこちらに書かせていただいたのですが…

コメント頂いた記事の所に大したことは書いてないのですがお返事させていただいたのでお時間あるときに目を通していただけたら嬉しいです(*´ω`*)

ありがとうございました♡︎